注意すべきポイント

海外での挙式にはさまざまな魅力がありますが、気をつけなければいけないこともあります。まず、海外ウェディングをする場合、式場の下見に行くことは基本的に不可能です。というと語弊がありますが、挙式前に現地に行くのは時間とお金がかかりますし、言葉の問題もあるでしょう。なお、会場を実際に見ることは無理でも、映像や写真などで見ることは可能です。

また、海外での挙式では、当日のヘアメイク担当が現地の人になる場合が多いです。美的感覚が日本とずれていることがあるため、理想の仕上がりにならない可能性があります。これを避けたい場合には、日本人スタッフが在籍している手配会社を選び、日本人に対応してもらえるよう、希望を出しておくと良いでしょう。

そのほか、天候に関する注意点もあります。天候というのは自分の思いどおりにならず、悪化でフライトが運休になるリスクがあります。また、空きがあることが条件になりますが、海外ウェディングの日にちの変更に応じてくれる場合があります。また、ゲストの中には現地の言葉がわからない人もいます。そのような人たちのため、日本語通訳つきのオプションツアーを準備するなどの気遣いもしたほうが良いでしょう。

挙式での演出

挙式のための手配会社でのプランが決定したあとは、詳細な演出を決める形になります。オプションサービスは数多くあり、フォトツアー、ヘアメイクリハーサル、リムジン送迎、ダンス、生演奏、アルバムのグレードアップといったものが挙げられます。何を希望するかパートナーとよく話し合い、利用するオプションサービスを決定しましょう。

なお、上記の中でリムジン送迎は利用者率が高いオプションサービスです。セレブになったような経験をすることが可能であり、海外ウェディングの非日常感をより一層強めてくれます。このリムジン送迎は新郎新婦の挙式のための送迎だけでなく、ゲストの送迎も行なってくれます。家族や友人にも質の高いサービスをと思っている人は利用を検討してみてはいかがでしょうか。また、上記のサービスの中で、生演奏は挙式後のパーティーで利用する人が多いです。プロによる演奏が、パーティに彩りを添えてくれます。聖歌隊を呼ぶことが可能なプランも存在し、荘厳な雰囲気を求めている人にはピッタリでしょう。

そのほか、挙式で支持率が高いのはチャペルです。結婚式のために建てられた礼拝堂、ホテルの敷地の中に存在するチャペル、海辺のチャペルといった具合にさまざまなスポットがあるため、好みの場所を選び、演出を決めましょう。なお、チャペルによっては中に控え室やレセプションルームが設えられている場合があります。

会場の選定

式を挙げたい国・エリアを絞り込んだあとは、挙式会場の選定を行ないます。チェックするポイントは会場の設備、外観、内装、サービスなど、多岐にわたります。なるべく多くの会場の情報を集め、比較をしたうえでベストなところに決めましょう。

なお、会場の情報をどのようにして探すかですが、インターネットの結婚情報サイトを利用すると良いでしょう。海外ウェディングを挙げたい国、教会やホテルなどの会場タイプを選び、検索することにより、条件に合った会場がある場合には見つかります。

会場を絞り込むのと同時に、挙式プロデュース会社や手配会社探しを行ないましょう。一箇所の会場に対し、複数の企業が挙式手配されていることが多いため、そこから選択する形になります。演出に妥協したくない人は、海外のプロデュース会社が良いでしょう。現地に会社があるため、現地の最新情報に詳しいという強みがこのような会社にはあります。

また、式を挙げるついでにハネムーンもと思っている人は、旅行会社を利用する場合が多いです。各会社の資料を請求したり、直接行ったりして、必要な情報を得ましょう。サービスやプロデュースの内容は各手配会社で違いがあるため、希望になるべく合うところを選択しましょう。

海外ウェディングまで

国内ウェディングと異なり、海外ウェディングは準備に苦労するイメージがあるという人は少なくないでしょう。しかしながら、実際には大したことはありません。すること自体に複雑なことはなく、計画を立てて準備をしていけば案外簡単に式を挙げることが可能です。

海外での挙式で重要なのは、準備のタイミングです、日程や会場などは3ヶ月前までに決め、招待状の準備も終えておく必要があります。ここまでの用意が完了すれば、あとは衣装や演出などを決定するだけとなり、気持ち的にも余裕が生まれます。海外ウェディングでは会場のある国に渡航することになりますが、出発前は何かと慌しくなりやすいため、すべての準備は日数に余裕を持って行なうことが、失敗を回避するための秘訣です。

また、どのタイミングでまとまった休みを確保し、どの国・会場で式を挙げるかは、パートナーとだけでなく、家族を招待する場合は家族と相談するだけでなく、場合によってはほかの招待客との調整も必要になってきます。また、こうしたことは、会場がある国の気候、往復の移動と現地で過ごす日数を考慮に入れて決定しなくてはいけません。また理想とする国が決まっていない人は、インターネットのWEBサイトや情報誌を参考に、海外ウェディングのイメージを固めましょう。

なお、友人や知人などの中に海外ウェディングをした人がいる場合、経験談が参考になります。また、Q&Aサイトで海外ウェディング経験者の意見を聞くのもおすすめです。そうしてエリアを大体絞り込んだら、その国にある結婚式会場のリサーチを行ないましょう。

当サイトでは、海外ウェディングをするにあたり、とくに重要となることを解説しています。海外ウェディング希望者の方は、ぜひご覧になってください。